2010年03月26日

JOBSAに協賛しました

この度JOBSA(一般社団法人 オープンビジネスソフトウェア協会)に協賛することに致しました。JOBSAはオープンソースソフトウェアの利用と開発、特に実業務に適したオープンソースソフトウェアの発展を目的として設立され、元々はSugarCRMのユーザコミュニティのメンバーが中心となっています。

 以前コミュニティ主催のSugarCRM勉強会に参加したり、徳田が講師を務めたセミナーにご参加頂いたりと、多少ご縁があったのですが、今年に入って経済産業省のアイディアボックスのサイトをJOBSAが開発し、素晴らしい成果を上げている様子に注目していました。※詳細はこちら

 シンキングリードとしてはSugarCRMは数あるツールのうちの一つであり、あくまでクライアントの利益が優先と位置づけています。しかし日本のビジネスの生産性向上という意味では「オープンソース」は非常に魅力的ですし、本物のサービスをより安価にという点に関して、JOBSAとシンキングリードの考え方は一致しています。

ビジネスコンサル〜ITコンサルもマーケティングコンサルもソフトウェア系技術者も、ハード系技術者も、上流からの縦軸を水平分業でトータルでサービスしていくことがシンキングリードの理想であり、その意味で今後JOBSAとの連携を図っていきたいと考えています。
posted by 徳田龍二 at 18:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。