2010年04月22日

<脱線>計画になってない!

前回までの流れから少し脱線します。あるマネージャーが今期の計画を描いた紙を見せながら「ちゃんと計画になってると思う?」と唐突に聞くのでどういう事か聞いてみると、社長から「計画になってない」と言われて修正中とのこと。

ちなみにさるコンサルを雇って中期計画からブレイクダウンし、書式もそのコンサルから提供されたもので、必要な要素は全て盛り込んでしっかり作りこんだはずの計画・・・どこが計画になってないのか。。。

とりあえず言葉を選びつつも、その計画からは目標や願望は伝わっても、顧客が何故競合ではなく自社を選ぶのかが分からないということを伝えました。その企業がビジネスを展開しているマーケットは成熟市場であり、商品も差別化されたものではありません。では何で差別化するのか?そこが見えないと組織でベクトルを合わせて競合に勝つことはできません。逆に細かい数字や計画は無くとも何の要素で差別化し、勝つのかというシンプルで合理的なストーリーさえ伝われば組織はアツくなることができます。

そういう意味では、そのコンサルが作ったフォーマットにびっしり埋められた計画は体裁は整っていますがアツくなれるものがない。そして書かれている項目が多すぎるのと、そのマネージャーの「今期はこれをやり抜くぞ」というアツい思いも込められていないように見受けられ、まず間違いなく、中身のあるチェックもアクションもされないだろうということが容易に想像できます。社長はそういうことを指して「計画になってない」といったのだと思います。

ちなみに冒頭の会話の中で、私はいくつかその企業の強みと思える要素を挙げて水を向けてみましたが、「それはそうなんだけど・・・◯◯だから難しい・・・」といった反応。そして「本当は人が差別化要因のハズなんだけどな〜」と部下のスキルや上がらないモチベーションを嘆いてました。社長がそのマネージャーに感じている不満と、そのマネージャーが部下に感じている不満は全く同じなのですがが本人はそこになかなか気付かない。社長の悩みは深いです。
タグ:PDCA 計画
posted by 徳田龍二 at 00:05| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。