2009年11月27日

新たな出会いに感じる可能性

先日、省電力サーバーやBTOサーバーを提供している株式会社ファナティック様をクライアントにご紹介してきました。ファナティック様はハードベンダーとして特色あるソリューションを展開し、その市場において順調に成長を重ねられている会社です。私が講師を担当したセミナーに先方の営業部長がご参加されており、そのご縁で色々とお話しをするようになりました。

ところでシンキングリードでは、パッケージソフトなどのツール(ITソリューション)を”担ぐ”ということをしてません。特定のツールを仕入売りしてライセンス料を得るのではなく、クライアントの課題に応じて、最も適した解決手段としてのコンサルティングサービスと必要に応じて適したツールを紹介するというスタンスです。そういう面ではシンキングリードがハードベンダーであるファナティック様と一緒にクライアントを訪問するのは不思議に映るかもしれません。
本来ファナティック様からすれば、自社のサーバー製品を売りたいのであればシンキングリードと付き合うよりは大手のITベンダーとお付き合いされた方が間口は広いはずですし、シンキングリードにとってもクライアントに問題解決の手段として何かしらのツールをお勧めすることはあっても、サーバーなどプラットフォームについてはなんでも良い、それこそ先日は別のクライアントでGoogleappsの紹介につきあったように、Saasだろうがクラウドだろうがクライアントの好きにしてもらって全然問題ないのです。

しかしこの一見「お互い何のメリットがあるの?」という関係に逆に可能性を感じています。何故ならば、互いに自社の製品、サービスを相手に「売ってほしい」という発想ではなく、純粋にクライアントの課題に対してそれぞれが強みを発揮できる場合にのみ、有機的に協力して、クライアントに対し本来の意味でソリューションを提供することが可能だからです。こうしたパートナー関係は実に貴重でありがたいものだと思います。
posted by 徳田龍二 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。