2010年01月14日

プレスリリース

以前に小稿でご紹介したファナティック様との協業について、具体的な形でリリースする運びになりましたのでご報告致します。

ファナティック、シンキングリードがオープンソース事業で協業
第一弾はCRM ソリューション


このクラウド一辺倒のご時世にあえてCRMアプライアンスサーバーです(笑)。シンキングリードはコンサル(CRM50)をセットで提供します。いずれにしてもクライアントにとっての選択肢が増える事自体はいいことだと考えています。加えて、ファナティック様ではオープンソース検証センターを開設し、パートナー(FOSP)を募集すると同時に、同社のサーバー上でオープンソースの動作検証を行い技術面のサポートを提供しています。
オープンソースでビジネスをやっていくにあたって、ハードを含めて動作保証して欲しいというユーザーの希望に対して、うまく答えられずに困っているベンダーは結構あると思います。
 
目指しているのは、ハードやアプリ(SI)、コンサルと、異なるレイヤーでそれぞれ強みを持つ企業が水平分業することで顧客により高い付加価値を提供でしていくことです。
posted by 徳田龍二 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144530438
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。