2010年04月02日

マネジメントの評価基準作りに苦心

今日は朝からすごい風でした。せっかく満開の桜もかなり吹き散らされてしまったようです。昨日新社会人になったばかりの方も、交通機関の乱れでいきなり遅刻なんてあったのではないでしょうか。

さて、今進めている案件で、クライアントのマネジメントの評価基準を作るのにかなり苦心しています。マネジメントイノベーションというサービスはシンキングリードのオリジナルで、当然ですがプロジェクトで作るマネジメントスタンダードも完全にクライアントのオリジナルとなるものを作るので、ゼロから作るのは大変ということもあります。でも今はそのフェーズは終わり、そのスタンダードが実践されているとはどういう状態か、それをどうやって確認するのかのベースを作っているのです。

表面的なKPIでお茶をにごすことは簡単です。案件数や訪問件数が増えていたらマネジメント出来ていると評価するとか・・・でもいくらKPIが見える化されたところで人や組織は変わりません。評価の基準はもっと本質的な内容で、厳しく、それでいて主役となるクライアントのマネージャー達がそれを見たときに、「大変だけどこれをちゃんとやったら、自分たちは必ず良くなる!」と思えるようなものを作り上げていきたいと思っています。今はその産みの苦しみですね。
posted by 徳田龍二 at 20:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

勉強会に参加しました

昨日SugarCRMの勉強会に参加しました。

少し前まで盛り上がっていた経済産業省のアイディアボックス※(勉強会を主催しているJOBSAが開発)のお話も聞けましたし、ちょっと気になっていたvtigerについても聞けました。個人的にはSugarCRMの機能で「出来るんだろうな〜」程度の認識はありましたが、具体的なやり方の分からない機能についても説明が聞けて充実した内容でした。

シンキングリードにとっては、SugarCRMは数あるツールの一つという位置づけで、優先されるのはあくまでもクライアントの利益ですが、SugarCRM勉強会の盛り上がりを見ているとやはりオープンソースに大きな可能性を感じます。

ちなみにこの勉強会ですが、どうしても開発寄りのテーマが多くなりがちなので、次回はCRMの基礎知識について私が枠を一つ担当する予定です。
posted by 徳田龍二 at 15:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

JOBSAに協賛しました

この度JOBSA(一般社団法人 オープンビジネスソフトウェア協会)に協賛することに致しました。JOBSAはオープンソースソフトウェアの利用と開発、特に実業務に適したオープンソースソフトウェアの発展を目的として設立され、元々はSugarCRMのユーザコミュニティのメンバーが中心となっています。

 以前コミュニティ主催のSugarCRM勉強会に参加したり、徳田が講師を務めたセミナーにご参加頂いたりと、多少ご縁があったのですが、今年に入って経済産業省のアイディアボックスのサイトをJOBSAが開発し、素晴らしい成果を上げている様子に注目していました。※詳細はこちら

 シンキングリードとしてはSugarCRMは数あるツールのうちの一つであり、あくまでクライアントの利益が優先と位置づけています。しかし日本のビジネスの生産性向上という意味では「オープンソース」は非常に魅力的ですし、本物のサービスをより安価にという点に関して、JOBSAとシンキングリードの考え方は一致しています。

ビジネスコンサル〜ITコンサルもマーケティングコンサルもソフトウェア系技術者も、ハード系技術者も、上流からの縦軸を水平分業でトータルでサービスしていくことがシンキングリードの理想であり、その意味で今後JOBSAとの連携を図っていきたいと考えています。
posted by 徳田龍二 at 18:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。